認知症には虫歯が関わっていたりする

知っておきたい虫歯と認知症の関係

虫歯の影響で認知症も関わるという驚きの事実

まず最初に、虫歯とはどういう病気でどんな風になってしまうのかについてお話したいと思います。 これまで虫歯になったことはあっても、なぜかかってしまうのかまでも知っているなんて方はそんなにはいらっしゃらないでしょうから、これを機会に頭に入れておくといいでしょう。

なぜ人は虫歯になってしまうのか

このコラムを読まれている方の中には、これまで虫歯に悩まされてきたという方もいらっしゃるでしょうね。
確かに虫歯は歯の病気として最もメジャーなものですし、学校などでも歯の検診をこまめに行うなどしているので、虫歯は私たちの生活にもすっかり根付いています。
現に早め早めに治療をしておけば、そこまで深刻にはならないですし、これからの将来も安全ですからね。

ところで、ここ最近虫歯に関してとあることが注目されているのをご存知でしょうか。
それは、認知症とのつながりです。
認知症とは、物忘れがひどくなったりなどという高齢者に多い症状ですが、その認知症がなんと虫歯とも関係があるという声が出てきています。

ただ認知症だけでなく、虫歯によって体のどこかが悪くなったりすることも多々あるので、結構虫歯は怖い病気なのです。
それもあって、どの歯医者さんも虫歯の早期治療を勧めているというわけなのです。

ではこれが認知症となるとどうなってくるのでしょうか。
ここまでずっと説明していますが、だからといって漠然と「虫歯と認知症は関係している」と言われてもピンとこないなんて方もいらっしゃることだと思われます。
そこまではっきり断言するのであれば、その辺の理由やエビデンスも知っておきたいですよね。

そこで今回このコラムでは、虫歯と認知症の意外なつながりについてお書きしたいと思います。
またその一方で、虫歯と認知症それぞれの症状や予防方法についても触れていきたいと思います。

認知症という症状を知ってみよう

続いては、認知症という症状とはどういうものなのかについてお書きしたいと思います。 簡単に高齢者が陥る症状や物忘れが激しくなるという知識はあるけど、詳しくはよく知らないという方はたくさんいらっしゃることでしょう。 そういった方にもご理解いただけますと幸いです。

認知症を引き起こす虫歯菌というもの

最後になりましたが、なぜ認知症に虫歯が関わってくるのかについて触れていきたいと思います。 意外に思えるであろう認知症と虫歯の関係ですが、知っていけばいくほど納得いく結論が出てくるのではないでしょうか。 決して他人事ではないことですから、覚えておくのは悪いことではありません。

TOPへ