認知症には虫歯が関わっていたりする

虫歯の影響で認知症も関わるという驚きの事実

虫歯になる流れ

ところで、虫歯になる仕組みはご存知でしょうか。

口の中には、虫歯の原因になると言われているミュータンス菌という菌が存在しています。
そのミュータンス菌が出す酸によって、歯のカルシウム部分が徐々に溶けていってしまい、それが進むと歯がどんどんもろくなっていき、最終的に穴が開いてしまうと虫歯になってしまいます。

またほとんどの方が、歯が痛くなるとか穴に気付くなどの変化を知ってから歯医者さんへ駆け込むでしょうが、実はもうその時点で重症なのです。
ましてや歯がボロボロになるなんてほぼ手遅れと言っても過言ではありません。
そういった自覚症状が出てくる前に定期検診などで虫歯が見つかったら治りも早いので、出来ればそういったことを受けるくせをつけておくのがいいでしょう。

虫歯にならないためには

では、そんな怖い虫歯にならないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

虫歯の予防として最もメジャーなのが、やはり歯磨きでなないでしょうか。
歯磨きだったら誰もが小さいころから行っていることですし、エチケットとしても定着しています。
ただ単に表面を磨いていくのではなく、奥歯などの遠いところまで出来るだけこまめに磨いていくようにして、お口の中をきれいに保っていきましょう。

また、歯磨きだけで終わらせるのではなく、その後にフロスで歯のすき間をきれいにしたり、洗口液でうがいをしていくのもいい方法です。
もはやこれらの方法も定着しており、売り場に当然のように商品が並べられています。

この流れを一通りしておくと、確実に歯は守られることでしょう。


この
記事を
シェア

TOPへ